2018/04/01 11:00

朝ドラ『半分、青い。』まもなくスタート 新ヒロインの物語が始まる

『半分、青い。』第1週「生まれたい!」(C)NHK
『半分、青い。』第1週「生まれたい!」(C)NHK
 NHK連続テレビ小説第98作の『半分、青い。』がいよいスタートする。1970年代の岐阜県のとある小さな食堂を舞台に、ヒロイン鈴愛の誕生から始まる。 『半分、青い。』は、脚本家・北川悦吏子のオリジナル作品。故郷である岐阜県と東京を舞台に、少しうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまで、およそ半世紀の物語を紡ぐ。

 2日から放送の第1週「生まれたい!」では、家族で食堂を営む楡野晴(松雪泰子)と宇太郎(滝藤賢一)夫婦のもとに、難産の末、女の子が生まれる。同居する宇太郎の父・仙吉(中村雅俊)と母・廉子(風吹ジュン)も、初孫誕生に大喜び。

 一方、町内で写真館を営む萩尾和子(原田知世)と弥一(谷原章介)夫妻にも、同じ日に同じ病院で、男の子が生まれていた。女の子の名前は鈴愛(すずめ)、男の子の名前は律(りつ)。ふたりは生まれた時からお互いのそばにいる、特別な存在として育っていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりは柔らかいけれど、内面は決してゆずらない今日のあな...もっと見る >