2018/04/04 14:17

吉高由里子、三浦翔平らに褒められご満悦「あとでちょっとお金を…」

新水曜ドラマ『正義のセ』囲み取材にて クランクイン!
新水曜ドラマ『正義のセ』囲み取材にて クランクイン!
 女優の吉高由里子が4日、都内で行われた新ドラマ『正義のセ』(日本テレビ系/4月11日スタート、毎週水曜22時)の取材に、共演の安田顕、三浦翔平、塚地武雅、原作者・阿川佐和子と共に出席した。 『正義のセ』は、阿川の同名小説を基に、吉高演じる新米検事の竹村凜々子が、持ち前の正義感で事件解決に挑み、同僚や家族に支えられながら一歩ずつ成長していく様を描いたストーリー。

 検事という役柄から、撮影ではセリフの難しさなどに現在悪戦苦闘中という吉高。同い年の三浦がスラスラと演技をこなしている様子にもプレッシャーを感じているらしいが、「凜々子と一緒に、私もめげずにワンクールをやっていきたいと思います」とドラマに向けた自身の思いを語った。「数字がどうであれ、見てくださる方が一人でもいる限り、尽力するということが『正義のセ』にとっての正義かと思っています」。

 対して凜々子のサポートをする担当事務官の相原勉役の安田は、吉高に対し「とにかく愛される方。他の人だったら『ふざけるなよ!』というところでも、この人がやると明るくなる。それが座組みとし和気あいあいとする原因ではと」と評した。

 安田は「別に吉高さんがいつも失敗しているわけじゃないですよ!」と笑い、塚地も「とにかく気取ってない」とコメント。三浦も「非常に自然体で天真爛漫」と吉高への好印象を口にした。そんな皆の言葉をうれしそうに聞いていた吉高は「あとで、ちょっとポケットからお金をこう…」と冗談で返し、笑いを誘っていた。

 新ドラマ『正義のセ』は、日本テレビ系にて4月11日より毎週水曜22時放送。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >