2018/04/27 10:58

波瑠&鈴木京香のバディぶりが「可愛い」と話題 『未解決の女』2話

『未解決の女 警視庁文書捜査官』に出演する波瑠と鈴木京香 クランクイン!
『未解決の女 警視庁文書捜査官』に出演する波瑠と鈴木京香 クランクイン!
 女優の波瑠が主演を務める『未解決の女 警視庁文書捜査官』(テレビ朝日系/毎週木曜21時)の第2話が26日に放送され、熱血刑事を演じる波瑠と、頭脳派刑事役の鈴木京香のバディぶりに注目が集まっている。 大手企業社長・幸田雅也(戸次重幸)の娘・遥花(畑芽育)が誘拐された。犯人による身代金の要求とともに、電話口から聞こえてきたのは、遥花からの“かもめ”という言葉。文書整理の部署である「6係」配属の鳴海理沙(鈴木)には、その言葉に心当たりがあった。12年前の誘拐事件の被害者で坂下菜々美(高岡早紀)の娘・芽衣も「かもめ」と言っていたのだ。

 同じく6係の矢代朋(波瑠)が捜査本部に召集され、身代金1億円の受け渡しをする社長秘書の替え玉に選ばれる。犯人の指示で走らされた朋だったが、自慢の体力があだとなり、本物の秘書ではないことが犯人に露見。結局1億円だけ奪われ、人質も解放されないという最悪の事態を招いてしまう。
 
 1億円が入った登山用バッグを「重い」と言いながら都内を汗だくで駆け回ったり、日頃の鬱憤(うっぷん)を解消するため、上司の写真を貼りつけたマネキンに柔道の技をかける朋。一方、人嫌いで花粉も気になり、紫外線が苦手と外に出ることを嫌がるも、文字の解読だけは大好きという理沙の対照的なバディぶりが、SNS上で話題に。

 「犯人から言われた言葉を細かく聞いておけ」という理沙に対し「先輩は文字フェチすぎる」と朋が独り言のようにつぶやくと、理沙が「誰が文字フェチですって!?」と言い合うなど、凸凹な関係性に「おもしろかわいい」「波瑠ちゃんと京香さんのバディ最高かよ」と言った声が多く寄せられていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >