2018/06/09 16:00

稲垣吾郎、再びベートーヴェンに 舞台『No.9』で剛力彩芽と共演

(左から)稲垣吾郎、剛力彩芽
(左から)稲垣吾郎、剛力彩芽
 稲垣吾郎が、2015年の初演が好評を博した舞台『No.9 ‐不滅の旋律‐』の再演版で、ベートーヴェン役を再び務めることが発表。また、剛力彩芽と共演することも明らかになり、ビジュアルも到着した。 『運命』(交響曲第五番)、『田園』(交響曲第六番)、『エリーゼのために』『悲愴』など、聴力を失いながらも数々の名曲を残し、後世の音楽家達にも多大な影響を与えた“楽聖”ベートーヴェン。その波乱と苦悩の人生を、新しい視点と意欲的な演出や音楽表現で描き出した舞台『No.9 ‐不滅の旋律‐』が、初演から3年を経て再演を果たす。

2015年の初演で稲垣は、幼少期の父親からの暴力、母の死、貧困と孤独、報われぬ想い、そして音楽家にとって致命的ともいえる聴覚障害など、多くの困難に見舞われ、偏屈な激情家と化した天才が持つ人間味あふれるさまざまな面を、文字通り全身全霊で熱演した。本作では、ベートーヴェンを支える架空の人物・マリア役で新たに出演する剛力との共演にも期待が膨らむ。解禁されたビジュアルには、タクトを頭上に掲げるベートーヴェンと、あごに手をやるマリアの姿が収められている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >