2018/06/10 11:30

『半分、青い。』第11週、律から別れを告げられた鈴愛は失意のどん底に

『半分、青い。』第11週「デビューしたい!」(C)NHK
『半分、青い。』第11週「デビューしたい!」(C)NHK
 NHK連続テレビ小説『半分、青い。』、11日から放送の第11週「デビューしたい!」では、律(佐藤健)が清(古畑星夏)との恋を順調に育む中、幼なじみで当たり前のように一緒にいた鈴愛(永野芽郁)と律との関係が変化していく。そして律からまさかのひと言を告げられた鈴愛は…。 律から喫茶・おもかげに呼び出された鈴愛。律は自分の留守中に鈴愛と清の間にあった出来事について話を切り出す。物心ついたときから自分を頼ってきた鈴愛の「律は私のものだ」というひと言で恋人が傷ついてしまったことに、「もう幼なじみのままではいられない」と語る律。そして鈴愛は律から別れを告げられる。

 鈴愛にとっての律の存在の大きさを知っているユーコ(清野菜名)とボクテ(志尊淳)は、失意のどん底にいる鈴愛の姿を見ていられない。

 オフィス・ティンカーベルでは、秋風(豊川悦司)が漫画を描くことで自分自身が救われるのだと、鈴愛に力説。一時は気力が薄れるものの、やがて鈴愛はものすごい勢いで漫画を描き始める。ところが、いくら描いても鈴愛の漫画は、秋風からダメ出しを受け続け…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の中の矛盾に葛藤しやすい日。考えすぎて疲れてしまいそう...もっと見る >