2018/06/15 18:00

中川大志に憧れる“マジムリ男子”で田中偉登『覚悟はいいか‐』出演

ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』田中偉登出演シーンより(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
ドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』田中偉登出演シーンより(C)椎葉ナナ/集英社 (C)2018ドラマ「覚悟はいいかそこの女子。」製作委員会
 俳優の中川大志が、イケメンなのに、実は非リア充のヘタレ男子を演じるドラマ『覚悟はいいかそこの女子。』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)の第2話に、田中偉登が、ゲスト出演することがわかった。田中は、映画『孤狼の血』で真木よう子演じるクラブママを慕う若手組員役で出演するなど、注目の若手俳優。 本作は、「マーガレット」(集英社)に連載された、椎葉ナナによる同名コミックが原作。“ヘタレ男子漫画の先駆け”とも称される同作をドラマ化した痛快青春コメディとなっている。幼いころから女性に囲まれてきた「愛され男子」にもかかわらず、本当は付き合った経験がゼロの主人公、古谷斗和に中川が扮する。

 その斗和にあこがれる真島奏太役で、第2話に登場する田中。顔も、身長も、成績も、家も普通なのに、空気が読めない暑苦しいタイプのため、女子から「マジ無理」と拒絶されているキャラクターだ。しかも、バックハグなどで女子にアプローチする大胆さを持っており、拒まれようとへこたれないしぶとさもある。なんとかモテようと、斗和の服装やしぐさをそっくりマネするも、さらに女子から嫌われる、という負の連鎖を呼ぶヘタレ男子だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >