2018/06/20 06:20

白石麻衣が“やれた”判定! ファン総立ちの 『やれたかも~』最終話

白石麻衣 クランクイン!
白石麻衣 クランクイン!
 乃木坂46の白石麻衣、佐藤二朗、山田孝之が出演するドラマ『やれたかも委員会』(MBS/毎週日曜24時50分・TBS/毎週火曜25時28分)最終話となる「太陽の塔編」が19日深夜に放送され、委員会メンバー・月綾子を演じる白石がついに“やれた”の札を掲げたシーンに「最終回にしてようやく!!」「やれたの札をあげた!!」など歓喜の声が上がった。 最終話の相談者は、現在ソーシャルワーカーとして働く35歳の岩瀬さつき(MEGUMI)。彼女は淡々と10年前の出来事を語り始める。

 結婚を控えていた25歳のさつき(福田麻由子)は、越田圭介(小関裕太)に声をかけられ仲良くなっていく。“1度だけデートしてほしい”という啓介の申し出をさつきが受け入れ、出かけた二人。さつきは別れ際に彼に抱きしめられた感触と、そのときに彼女に沸き起こった感情を告白。彼女が語るエピソードに、委員会メンバー(白石、佐藤、山田)の間ではいつもと違う緊張感が漂う…。

 これまで、綾子は頑なまでに“やれたとは言えない”の札を掲げ続けてきた。ところが最終話では、相談者の思いに共感を示す場面もあり、判定では初めて三人が満場一致で“やれた”の札を掲げたのだった。これには視聴者からは「最終回にしてようやく!!」「ついにまいやんがやれたの札をあげた!!」「最後の最後に月さん、やれた札きましたーーーー!!!!!!!!」など歓喜の声がネット上に殺到していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >