2018/06/20 06:25

『モンテ・クリスト伯』で発揮 ディーン・フジオカの摩訶不思議な存在感

『モンテ・クリスト伯』でドラマ初主演を務めたディーン・フジオカ クランクイン!
『モンテ・クリスト伯』でドラマ初主演を務めたディーン・フジオカ クランクイン!
 先日最終回を迎えたドラマ『モンテ・クリスト伯―華麗なる復讐―』(フジテレビ系)は、何とも不思議な作品だった。原作はアレクサンドル・デュマ・ペールの誰もが知る名作小説であり、日本でもこれまで舞台化、アニメ化されている。しかし、ディーン・フジオカ主演で連続ドラマ化の報に、“トンデモ展開のネタドラマ”になりそうな予感がしていた…。 そして放送初回、ディーン演じる柴門暖と、山本美月演じる目黒すみれの、結婚式用DVD映像で始まるオープニングは衝撃だった。牧歌的で明るく能天気な光景とハイテンション、そこから急転直下の不運の連続、冤罪とむごい拷問。「巌窟王って、こんな作品だっけ?」…1話を観て呆気にとられ、「ついていけない」と感じた視聴者も多かったのか、初回視聴率は5.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。さらに、データニュース社「テレビウォッチャー」調査による「満足度調査」も初回は3.44%と芳しくなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが体調に出やすい日。無理をしないで休んだり、...もっと見る >