2019/09/20 00:00

<欅坂46東京ドーム>「平手に始まり、平手に終わる」平手友梨奈、5万人をくぎ付けに

欅坂46「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」撮影:上山陽介
欅坂46「夏の全国アリーナツアー2019 追加公演in東京ドーム」撮影:上山陽介
 欅坂46が19日、2日間にわたった東京ドーム公演の最終日で「夏の全国アリーナツアー2019」を締めくくった。5万人の観客を前にアンコールを含む全21曲を披露。本公演はまさに「平手に始まり、平手に終わる」内容で、特にアンコールからの2曲のドーム全体の興奮はすさまじかった。本記事では、平手友梨奈のハイライトシーンをレポートする。■オープニング、平手が一人でステージ上に登場

 オープニングでは幻想的な森のような舞台に、白い制服姿の平手が一人で登場。はかなげな表情でゆっくりと中央まで歩き出し、舞台上に一段高く設置されたステージへと歩き出す。そのステージ中央には一台のグランドピアノ。平手は近づくと、鍵盤を一音だけ鳴らす。それを合図にライブがスタート。会場からは歓声が上がった。

■ピアノの鍵盤を足で

 幕開けから「ガラスを割れ!」「語るなら未来を…」「Student Dance」の3曲を披露すると、再びステージ上には平手一人に。ピアノの上で踊り、周りを舞うようなダンスを見せると、最後にはピアノの上に乗り、足で鍵盤をたたく。そのまま「エキセントリック」へ移るという演出にも会場からは感嘆の声が上がった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >