2017/05/26 14:15

パリス・ジャクソン、映画デビュー作の撮影現場でホームレスに間違えられる

撮影現場で出演女優と思われなかったというパリス・ジャクソン(C) AFLO
撮影現場で出演女優と思われなかったというパリス・ジャクソン(C) AFLO
 2009年に急死したスーパースター、マイケル・ジャクソンの愛娘パリス・ジャクソン。タイトル未定の作品で映画デビューが決まり、張り切って撮影現場に乗り込んだが、スタッフの1人にホームレスと間違われたらしい。 The Wrapによると、アマゾン・スタジオズ製作の新作で俳優デヴィッド・オイェロウォやオスカー女優シャーリーズ・セロンと共演することが決まったというパリス。「撮影現場に現れた最初の人々の1人。駐車場に座っていたら、男の人が近づいてきて、ホームレスはこのエリアに入ってはいけないと言った」と、その時の服装が分かる首から下を写した写真を投稿した。

 パリスは「ごめんなさい。ヘアとメイクをしてもらうために待ってるんだけど、他の場所で待ったほうがいい? あとどうして私をホームレスだと思うの?と聞いたわ」と返事したという。

 大きめのバギーパンツとダークカラーのクロップトップを着ていたパリス。怒っているのか、笑っているのかは不明だが、いずれにせよ、相手がパリスだと知った男性はバツの悪い思いをしたに違いない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ひっそりと静かに過ごしたい気分。早々に家に帰り、好きな読書...もっと見る >