2017/05/27 07:20

サモ・ハン、「映画は“血液”」 映画に捧げた愛と人生

『おじいちゃんはデブゴン』サモ・ハンインタビュー クランクイン!
『おじいちゃんはデブゴン』サモ・ハンインタビュー クランクイン!
 香港映画界の大兄貴、いや、世界のデブゴン=サモ・ハンが20年ぶりの監督作を引っさげ帰ってきた。いるだけでホッとする、温かな存在感は今もまるで変わることなく健在。20年ぶりのメガホンに自ら主演を兼ねた『おじいちゃんはデブゴン』、そしてアクション監督を務めた『コール・オブ・ヒーローズ/武勇伝』の連続公開を前に、真摯に自身の映画観、そして映画人生を語った。 『おじいちゃんはデブゴン』でサモが演じるのは、隠居生活を送る退役軍人。痴呆症も疑われ静かに暮らしていたものの、中国マフィアとロシアン・マフィアの抗争に巻き込まれた隣人父娘を救うため必殺拳の封印を解く、という役どころだ。

 「監督業は苦痛が多くやりたくなかったのでこの20年離れていました。俳優たちが忙しくなり、みんな『今日はこれしかできない』『スケジュールがここしかない』という具合になってしまい、それをすり合わせて撮影していると、もう全然監督が撮りたいように撮れなくなる。それが苦痛だったので監督は辞めようと思いました。映画界を取り巻く状況が変わってしまったんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

おとなしく過ごしたいのに、引っ張りだされてストレスがたまり...もっと見る >