2017/06/01 06:20

ヒュー・ジャックマン、17年の歴史に幕 『X‐MEN』への愛と別れ

ヒュー・ジャックマン、『LOGAN/ローガン』来日記者会見にて
ヒュー・ジャックマン、『LOGAN/ローガン』来日記者会見にて
 ヒュー・ジャックマンは潔い男だ。代表作にして、ハリウッドの扉を開いた出世作『X‐MEN』シリーズのウルヴァリン/ローガン役を、最新作『LOGAN/ローガン』で締めくくることについての葛藤を聞くと、「一旦決めたら、全く迷いはなかったよ」と言い切ったからだ。ヒューは続けて、「だって、すべて出し切ったからね」と、17年もの間、8本の同シリーズに出演したことに、ほのかな感慨を込める。ヒュー自ら「完璧な終わり方」と表現したフィナーレにふさわしい、ローガンというヒーローの内面に迫った作品への愛と別れを聞いた。 『LOGAN/ローガン』では、不死身の超人とされていたローガン(ヒュー)が、変わり果てたボロボロの年老いた姿をさらすシーンから始まる。かつて、無敵のヒーローだった男の姿は見る影もなく、雇われ運転手として日銭を稼いで暮らしていた。パワーを失った男の傷を負った立ち姿、ダークでものものしいオープニングは、これまでの『X‐MEN』シリーズとは一線を画す風情を醸し出しており、観客にこれから幕を開ける「終わりの始まり」という緊張感、これで見収めだという覚悟を植えつけてくれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

集中力を発揮すると、思わぬ成果を上げられそう。何か一つ目標...もっと見る >