2017/06/30 13:00

『孤狼の血』、役所広司&松坂桃李ら強い手応え「これはいい映画になるぞ」

松坂桃李、映画『孤狼の血』現場風景 クランクイン!
松坂桃李、映画『孤狼の血』現場風景 クランクイン!
 映画『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』で知られる白石和彌が監督を務める映画『孤狼の血』。本作の撮影取材会が5月某日に広島県内で行われ、役所広司と松坂桃李、そして江口洋介がインタビューに応じた。役所は「俳優・スタッフ全員が『これはいい映画になるぞ』という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と手応えを感じているようだ。 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子の同名小説を基にする本作。劇中では、暴力団対策法成立以前の広島を舞台に、ヤクザと癒着しているとされるベテラン刑事・大上(役所)と、新人の日岡(松坂)が、ヤクザの抗争に巻き込まれていく姿が描かれる。大上役の役所は、「楽しかったですね。白石監督も終盤に差し掛かるにつれて(撮影が)粘り強くなってきて、現場が深夜までかかる日も増えましたけど、ずっといい雰囲気だったし、俳優・スタッフ全員が『これはいい映画になるぞ』という手応えを強く感じられた現場だったんじゃないでしょうか」と満足げに撮影を振り返る。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >