2017/07/08 13:00

『孤狼の血』脚本・池上純哉インタビュー「主人公が悪に染まる迷いや変化を描いた」

役所広司、映画『孤狼の血』現場風景(c)2018「孤狼の血」製作委員会
役所広司、映画『孤狼の血』現場風景(c)2018「孤狼の血」製作委員会
 白石和彌がメガホンを取り、役所広司と松坂桃李ら豪華キャストが共演する『孤狼の血』の撮影現場取材会が、5月某日に物語の舞台である広島県内で行われ、脚本家の池上純哉が囲み取材に出席。『日本で一番悪い奴ら』でも白石監督とタッグを組んだ池上に、脚本を書く上で意識した点や、原作からの脚色について話を聞いた。 第69回日本推理作家協会賞を受賞した柚月裕子による同名小説を実写化した『孤狼の血』。暴対法成立以前の広島を舞台に、ヤクザと癒着していると噂される刑事・大上(役所)と、彼の下で働く新人・日岡(松坂)が、苛烈な抗争に巻き込まれていく姿を描く。キャストには、石橋蓮司、江口洋介、真木よう子らが名を連ねる。

 白石監督と『日本で一番悪い奴ら』に続いてタッグを組んだ池上に、オファーを受けたときの心境を聞くと、「また悪い警察の話を書かなきゃいけないということで、ちょっとどうなんだろう? という話もあったんです」と苦笑い。二作品の違いについては、『日本で一番悪い奴ら』の主人公が悪に染まる過程に迷いを抱かなかったことを引き合いに出し、「(本作は)迷っている部分を描ける映画にできるんじゃないかと思いました」と説明する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >