2017/08/22 17:40

東出昌大が屈辱の土下座! 『関ヶ原』謝罪ショット公開

映画『関ヶ原』(c)2017「関ヶ原」製作委員会
映画『関ヶ原』(c)2017「関ヶ原」製作委員会
 司馬遼太郎による同名歴史小説を、岡田准一の主演で実写化した映画『関ヶ原』より、東出昌大演じる小早川秀秋が、武将たちに土下座して謝罪するシーンを収めた場面写真が解禁となった。 映画『関ヶ原』は、戦乱の世に終止符を打ち、のちの日本のあり方までも決定づけたと言われる歴史的合戦“関ヶ原の戦い”を描く時代劇アクション。秀吉(滝藤賢一)亡きあと、豊臣家への忠義から立ち上がった石田三成(岡田)と、天下取りの野望を抱く徳川家康(役所広司)が世紀の合戦へと向かうまでの経緯や、三成と彼を守る忍び・初芽(有村架純)との密やかな“愛”を描く。

 解禁されたのは、朝鮮出兵から戻った小早川が三成に責められ、土下座して謝罪するシーン。ウルサンで13の首級を上げたことを報告する小早川だが、三成はその首がどれも追首であることを指摘。「逃げる敵を後ろから討つとは武将にあるまじき行為!」と責め立てる。褒められると思って戻ってきたはずが、まさかの叱責を食らった小早川は、大広間で武将たちに囲まれながら土下座。もちろんその顔には悔しさがにじむ。このシーンで使われたのは、映画の撮影では初めて使用された東本願寺・大寝殿。その広間の大きさと小早川の小ささが対比となり、彼のみじめな心情がありありと表現されている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >