2017/08/24 06:20

岡田准一「おかしくなるほど」自分を追い込んだ 『関ヶ原』の撮影は夢

岡田准一、映画『関ヶ原』インタビュー(C)2017「関ヶ原」製作委員会
岡田准一、映画『関ヶ原』インタビュー(C)2017「関ヶ原」製作委員会
 岡田准一は第38回日本アカデミー賞において、最優秀主演男優賞・最優秀助演男優賞をW受賞した、これは男優賞として史上初の快挙である。同スピーチでは、「映画人と認めていただけて、ありがとうございます」と涙で声を震わせた姿が印象的だった。以後、映画人の名を邁進し、話題作への主演を果たし続けている。このほど公開される映画『関ヶ原』では、才ある武将の石田三成を気品と重厚感を漂わせ演じきった。魅力的に人物を演じる秘策を聞けば、台本を「飽きるくらい」読み、自分を「おかしくなるほど」ギリギリまで追い込んでいると言う。映画人を地で行く岡田の覚悟と挑戦の日々を聞いた。 「黒澤映画を撮っているみたいだった」と岡田が興奮を伝える『関ヶ原』は、司馬遼太郎による同名小説の映画化で、原田眞人監督が構想25年という膨大な月日を経て手がけたスペクタクル歴史ロマンだ。石田三成と徳川家康(役所広司)という2人の名将を、彼らを取り巻く人物たちの攻防や葛藤を詳細に描きながら、やがて天下分け目の合戦である関ヶ原の戦いに行きつくまで、ど迫力の映像で一気に見せていく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >