2017/08/31 19:30

『散歩する侵略者』、松田龍平の“概念を奪うポーズ”誕生秘話

映画『散歩する侵略者』場面写真(c)2017『散歩する侵略者』製作委員会
映画『散歩する侵略者』場面写真(c)2017『散歩する侵略者』製作委員会
 第70回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門に正式出品された映画『散歩する侵略者』(9月9日より全国公開)。本作のメガホンを取った黒沢清監督が、「概念を奪う」という表現に関して、主演の松田龍平が取ったポーズから、ヒントを得たエピソードが明かされた。 『散歩する侵略者』は黒沢清監督が劇作家・前川知大率いる劇団「イキウメ」の同名人気舞台を映画化した作品。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくるという大胆なアイディアをもとに、物語は展開していく。

 数日間の行方不明の後、不仲だった夫(松田)がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海(長澤まさみ)。夫・真治は退職し毎日散歩に出かけていく。その頃、町では一家惨殺事件が発生、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井(長谷川博己)は、取材中、事件の鍵を握る女子高校生を探し始める。やがて町は静かな世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く。「地球を侵略しに来た」と、真治から衝撃の告白を受ける鳴海。当たり前の日常は、ある日突然終わりを告げる…。
 
 松田はオファーを受けた際、侵略者という難役について「脚本を読んだ段階では、侵略者に体を乗っ取られた男という真治の設定が想像しきれなくて、逆に何もこだわらずに撮影に挑みました」とコメント、侵略者役は苦労が多かった様子を明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >