2017/08/31 12:30

キアヌ・リーヴス&ウィノナ・ライダー、11年ぶり新作ロマコメで再共演

キアヌ・リーヴス&ウィノナ・ライダー、11年ぶり新作ロマコメで再共演(C)AFLO
キアヌ・リーヴス&ウィノナ・ライダー、11年ぶり新作ロマコメで再共演(C)AFLO
 映画『ジョン・ウィック』シリーズの人気俳優キアヌ・リーヴスと、海外ドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で女優としての評価を再び高めているウィノナ・ライダーが、新作ロマンチックコメディ『Destination Wedding(原題)』で再共演を果たす。DeadlineやVarietyなどの海外メディアが伝えた。 キアヌとウィノナが共演するのは、2006年公開のリチャード・リンクレイター監督作『スキャナー・ダークリー』以来、約11年ぶり。2人の初共演は1992年のフランシス・フォード・コッポラ監督作『ドラキュラ』で、今回は3度目の共演となる。

 『Destination Wedding(原題)』は、2014年の日本劇場未公開作『5時から7時の恋人カンケイ』で長編監督デビューを果たした脚本家ヴィクター・レヴィンが脚本・監督・製作を兼任している。

 キアヌとウィノナはそれぞれ、遠方で執り行われる結婚式に出席するフランキーとリンジーというキャラクターを演じるという。2人のお互いの印象は結婚とは程遠い“惨めで不愉快”なゲストというものだったが、週末を一緒に過ごすうちに惹かれ合うというストーリーとのことだ。

 撮影は既にカリフォルニア州で行われたとのこと。かつては交際の噂もあったキアヌとウィノナが、スクリーンで相性のよさを見せつけてくれることに期待したい。全米公開日は未定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >