2017/09/11 11:00

蒼井優&阿部サダヲ『彼女がその名を知らない鳥たち』、釜山国際映画祭に出品決定

『彼女がその名を知らない鳥たち』(c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
『彼女がその名を知らない鳥たち』(c)2017映画「彼女がその名を知らない鳥たち」製作委員会
 蒼井優と阿部サダヲのダブル主演映画『彼女がその名を知らない鳥たち』が、第22回釜山国際映画祭(韓国・釜山)にて<アジア映画の窓>部門に出品されることが決定。蒼井と阿部、白石和彌監督の三人が、オープニングセレモニーに参加することも明らかになった。 沼田まほかるの同名小説を基に、白石監督が初めて本格的な大人のラブストーリーに挑んだ本作は、クレーマーで自分勝手な女・十和子(蒼井)、不潔で下劣なうえ十和子に異様な執着を見せる男・陣治(阿部)、一見誠実そうな風貌ながらとにかく薄っぺらな水島(松坂桃李)、十和子の昔の恋人で自身の出世や保身のためなら女を道具に使うこともいとわない黒崎(竹野内豊)といったクズなキャラクターたちが織りなす人間模様を描く。

 10月12日から開催される第22回釜山国際映画祭は、アジアで最も重要な映画マーケットとしての地位を確立している映画の祭典。本作の出品が決定した<アジア映画の窓>部門は、アジアのさまざまな視点とスタイルを持った才能豊かな映画監督たちの、優れた作品を紹介する部門だ。この嬉しい一報を受け、本映画祭のオープニングセレモニー及びレッドカーペットに、蒼井と阿部、白石監督が参加することも決定した。

 白石監督の作品が本映画祭に出品されるのは、『ロストパラダイス・イン・トーキョー』(10)、『凶悪』(13)以来、4年ぶりの3度目にあたる。蒼井は韓国でも非常に人気があり、昨年の『オーバー・フェンス』含め本映画祭には何度も招聘されており、阿部は本映画祭へ登場するのは今回が初となる。

 映画『彼女がその名を知らない鳥たち』は10月28日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >