2017/09/22 13:30

レオナルド・ディカプリオ、環境問題に消極的なトランプ政権を批判

環境保全に取り組むレオナルド・ディカプリオ(C) AFLO
環境保全に取り組むレオナルド・ディカプリオ(C) AFLO
 環境保全活動に力を入れる、オスカー俳優レオナルド・ディカプリオが現地時間19日、アメリカの名門イェール大学で開催された、環境問題に関するカンファレンス「Yale Climate Conference」にスピーカーとしてゲスト出席した。ディカプリオはドナルド・トランプ大統領と就任前に会い、環境問題について消極的なトランプ大統領の考えを変えさせようと、説得を試みたことを明かしたという。 TIMEによると、ディカプリオはトランプ大統領に、「気候変動に取り組みながらグリーンジョブを創出する経済性を活用するための施策について、包括的な計画を提案しました。米国がクリーンエネルギーの製造や研究開発で、いかに世界を率いることができるのか話し合いました」と明かしたという。

 しかし、トランプ大統領はパリ協定(気候変動抑制に関する多国間協定)からの離脱を発表。事実上、ディカプリオのトランプ大統領との会話が無駄に終わったことになった。ディカプリオは、「私達は現在、岐路に立っています。いつか歴史の中でこの時点を振り返り、現政権と特定の人々が行動を起こさなかったことについて非難されるでしょう」とトランプ政権を批判。会場にいた若い世代に環境問題に関わり、改善するよう呼びかけたという。

 ディカプリオはまた、環境保全のために自身の財団「レオナルド・ディカプリオ財団」から2000万ドル(約22億3400万円)を寄付することを発表している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >