2017/09/27 13:15

レオナルド・ディカプリオ、スコセッシ監督と再タッグでルーズベルト大統領役に

レオナルド・ディカプリオ、ルーズベルト大統領役に(C)AFLO
レオナルド・ディカプリオ、ルーズベルト大統領役に(C)AFLO
 映画『レヴェナント:蘇えりし者』で初オスカーを手にした俳優レオナルド・ディカプリオが、マーティン・スコセッシ監督によるセオドア・ルーズベルト米大統領の伝記映画で主演を務めるという。VarietyやDeadlineなどの海外メディアが伝えた。 米パラマウントピクチャーズのもと、ディカプリオは『レヴェナント:蘇えりし者』のジェニファー・デイヴィソン・キローラン、スコセッシ監督らと共に製作総指揮も務める。

 1858年ニューヨーク生まれのルーズベルトは、ニューヨーク市警本部長職を経て、1882年にニューヨーク州下院議員に就任。ニューヨーク州知事になった後、ウィリアム・マッキンリー政権下で副大統領を務め、1901年に大統領が暗殺されると第26代大統領に就任。自然保護に積極的に取り組んだことでも知られる。

 ルーズベルト大統領の伝記映画は過去にもディカプリオが興味を示していたが、実現しなかったという。気心の知れたスコセッシ監督との再タッグで今回は映画化が加速しそうだ。脚本はスコット・ブルームが執筆する予定。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >