2017/10/14 09:00

木村文乃、岡田将生演じる“痛男”に「近寄りたくはない」『伊藤くん A to E』現場訪問

『伊藤くん A to E』場面写真(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
『伊藤くん A to E』場面写真(C)「伊藤くん A to E」製作委員会
 柚木麻子による同名小説を原作に、超モンスター級の“痛男”と、彼との関係に悪戦苦闘する5人の無様で切実な女の姿を描く映画『伊藤くん A to E』。本作で、落ち目の脚本家である毒女・矢崎莉桜を演じるのは、今や見ない日はないと言えるほどの売れっ子女優となった木村文乃だ。終盤で“地の底に落とされる”シーンの撮影が楽しみだと語る木村に、自身の役柄や、岡田将生が演じる痛男・伊藤くんについて話を聞いた。 メガホンを取った廣木隆一監督とは、連続ドラマW『ソドムの林檎~ロトを殺した娘たち』以来のタッグとなった木村は、「原作でつかみきれない、人間らしい感情というか、そういったものの描写が入ってくるかなと思います。映画のほうがヒューマン寄り、ある種、ファンタジーですね」と映画の特色を語る。演じる莉桜については「純粋さを隠して悪魔ぶっているし、いい人になり切れていなくてダメ人間。人に対して塩梅が難しいコミュニケーションを取っている人」と分析する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >