2017/10/15 11:00

若き天才監督グザヴィエ・ドランに迫るドキュメンタリー、11月11日より限定公開

若き天才映画作家のドキュメント『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』(C)2016 Tangaro – Shoot again productions – MK2 – Sons of Manual – Metafilms
若き天才映画作家のドキュメント『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』(C)2016 Tangaro – Shoot again productions – MK2 – Sons of Manual – Metafilms
 「美しきカリスマ」と称され、映画界のみならず世界のカルチャーシーンに閃光を放ち続ける28歳の若き天才映画作家、グザヴィエ・ドランの素顔に迫るドキュメンタリー映画『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』が限定公開されることが発表された。 本作は、2014年に『Mommy/マミー』がカンヌ国際映画祭の審査員賞、2016年に『たかが世界の終わり』で同映画祭のグランプリを受賞した、グザヴィエ・ドランの“ドランワールド”を余すことなく見せるドキュメンタリー作品。19歳での監督デビュー作『マイ・マザー』から最新公開作『たかが世界の終わり』まで、ドランの全監督作品について凝縮された一本となっている。

 作中では、ドラン本人が自身の映画作りへの思いやこだわり、観るものの記憶に鮮烈に残る過去作における数々の名シーン誕生秘話などをふんだんに語っている。
 
 また、ヴァンサン・カッセル、マリオン・コティヤール、ナタリー・バイなど、ドラン作品に出演した名優たちも登場。ドランの才能にいち早く目をつけ、バックアップしてきたカンヌ国際映画祭総代表のティエリー・フレモー、ガス・ヴァン・サント監督ら映画人も、新世代の象徴として謳われるドランの魅力の秘密を語り尽くす。

 映画『グザヴィエ・ドラン バウンド・トゥ・インポッシブル』は、11月11日よりYEBISU GARDEN CINEMAほかにて限定公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >