2017/10/23 19:30

渋川清彦&戸次重幸W主演、歪んだ友情の三角関係描く『神と人との間』予告編公開

『神と人との間』ポスター(C)2018 Tanizaki Tribute 製作委員会
『神と人との間』ポスター(C)2018 Tanizaki Tribute 製作委員会
 渋川清彦と戸次重幸がダブル主演を務める映画『神と人との間』の予告編が公開された。映像では歪んだ友情から愛憎劇へと発展する三角関係の模様が映し出され、3人で寝そべるポスタービジュアルも公開された。 『神と人との間』は、谷崎潤一郎の同名小説を映画化。谷崎が実生活で親友である佐藤春夫に、自分の妻・千代を譲る「細君譲渡事件」のスキャンダルをモデルにしたといわれる原作を、現代劇として描いた。町医者の穂積(渋川)、親友で漫画家の添田(戸次)、そして2人に思いを寄せられる朝子(内田慈)の3人の歪んだ三角関係による愛憎劇が描かれる。メガホンを取るのは『下衆の愛』『獣道』の内田英治監督。

 公開された予告編では、お互いの気持ちを知ったうえで、穂積が親友の添田に朝子を譲るところからスタート。添田と朝子は結婚するものの、添田は愛人を作って朝子を虐待し、そのうえ穂積と朝子が「一回、二回なら間違いを起こしてもいいよ」と不倫をするようにけしかける場面や、「あなたが待てと言うなら何年でも待ちます。それが一生だろうと変わりはない」と一途に朝子を思い続ける穂積の姿が見られる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >