2017/10/25 22:13

<TIFF2017>大林宣彦監督、常盤貴子、門脇麦らと気丈にレッドカーペットを闊歩

「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットにて クランクイン!
「第30回東京国際映画祭」オープニング&レッドカーペットにて クランクイン!
 映画『花筐/HANAGATAMI』のメガホンをとった大林宣彦監督が、25日、都内で行なわれた「第30回東京国際映画祭」のレッドカーペットイベントに門脇麦、常盤貴子ら出演陣と共に出席した。肺がんが報じられていた大林監督だったが、杖をつきながらレッドカーペットを気丈にも歩き、白いハットに黒いサングラス、紫色と水色というリバーシブルの巻物をまとい、どんな男性俳優にも負けず粋にスーツを着こなしていた。 「映画祭、30周年おめでとうございます」と挨拶をした大林監督は、共に歩いた常盤らを見やりながら、「美しい女優陣でもありますが、かわいい娘や息子でもあります。この人たちの時代には、決して戦争を残してはならないと思います」と強い決意も語った。

 常盤は、本作で私生活の夫でもある長塚圭史と共演という形に。現場について聞かれると、「『思ったほど緊張しないもんだね』とお互いに言っていて(笑)。でも、皆さんが助けてくださったので集中してできました」と照れくさそうに振り返った。初めて大林組に入った門脇は、「パワーというか力がすさまじくて、ついていくのに必死でした。撮影現場は本当に楽しかったです」と充実したことを伝えていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >