2017/11/02 06:20

石井竜也、アーティストとは「虚構を見せる仕事」 ソロ20周年を迎える言葉の真意とは

石井竜也、アーティストとは「虚構を見せる仕事」 その言葉の真意とは クランクイン!
石井竜也、アーティストとは「虚構を見せる仕事」 その言葉の真意とは クランクイン!
 今年でソロデビュー20周年を迎える石井竜也が、海外ドラマ『シカゴ』シリーズ3部作に、日本版エンディングテーマとして3曲同時に提供した。所属する米米CLUBで、92年にダブルミリオンを記録した『君がいるだけで』にて知名度と国民的人気を得た石井は、2017年の今も歩みを止めない。そんな彼に、「アーティストとはどんな職業か」と尋ねると、やや考えた後「虚構を見せる仕事」と答えた。大きく羽ばたき続ける石井の見つめた世界から生まれた、その言葉の真意とはー。 今回、石井が提供した楽曲は、どれも作品の魅力を押し広げるような絶妙な選曲だ。消防士を主人公にした『シカゴ・ファイア』には、アップテンポな「希望の未来へ」が選ばれた。理由を聞けば、石井は、「消防士は火に飛び込んで、ひとりでも多くの人を助けるから、俺たちの目には見えない陰の部分で必死に支えていますよね。その小さな未来、光を応援したくて」と、思いを口にする。『シカゴ・ファイア』から生まれた、警察を舞台にしたスピンオフ第1弾の『シカゴ P.D.』には「警察官は暗部に入っていく勇気も持っているし、自分が死ぬかもしれない。そこに、あまり能天気な曲は似合わないと思った」ということで、どこか物哀しい曲調の「砂の中の宝石 ~放浪者~」をセレクトした。さらに、医療現場にフォーカスしたスピンオフ第2弾の『シカゴ・メッド』には、石井の伸びやかな歌声が心地いい、壮大なバラード「虚構の光」を捧げている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >