2017/11/02 15:15

『ワイルド・スピード』、T・ギブソンが「D・ジョンソンが出演するなら降板」と断言

ドウェイン・ジョンソンとの確執でローマン・ピアース役のタイリース・ギブソンが降板を示唆(※『ワイルド・スピード ICE BREAK』場面写真)(C)AFLO
ドウェイン・ジョンソンとの確執でローマン・ピアース役のタイリース・ギブソンが降板を示唆(※『ワイルド・スピード ICE BREAK』場面写真)(C)AFLO
 10月末に主演のヴィン・ディーゼルにより、ジャスティン・リン監督がメガホンを取ると伝えられた人気カーアクション映画『ワイルド・スピード』シリーズ続編。リン監督の参加により、スムーズに進むことが期待された第9弾だったが、2作目の『ワイルド・スピードX2』からローマン・ピアース役で出演する俳優タイリース・ギブソンが、確執を伝えられるルーク・ホブス役の俳優ドウェイン・ジョンソンが出演するなら降りると明言した。 タイリースは自身のインスタグラムにヴィンとドウェインとのスリーショット写真を投稿。「やあ、世界…。やあ、忠実なファンのみんなと俺たち『ワイルド・スピード』ユニバースの愛しい面々…。こんなことを言って申し訳ないが、ドウェインが9作目に出演するなら俺はもうローマン・ピアースではいられない」とキャプションに綴っている。

 タイリースはドウェイン演じるホブスと2013年の6作目『ワイルド・スピード EURO MISSION』から登場するイアン・ショウ役の俳優ジェイソン・ステイサムが出演するスピンオフが決まって以来、ドウェインが『ワイルド・スピード』ファミリーの調和を乱す行動に出たと批判し続けてきた。
 
 さらにスピンオフの全米公開予定日が2019年7月26日(現地時間)に決まり、『ワイルド・スピード』第9弾の全米公開日が当初の2019年から2020年4月10日(現地時間)になったことが、タイリースの怒りに火をつけた模様。現在もドウェインに対する不信感は消えず、彼とは一緒に仕事ができないという判断に至ったようだ。

 元妻と一人娘の親権で争っているタイリースは、キャプションの中でその件も持ち出し、「ファミリーや俺の娘の存続にちょっかいを出したら、俺が相手になる」とコメントしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >