2017/11/25 12:00

『永遠のジャンゴ』監督、天才ギタリストの生き様を通しロマ民族の暗黒時代に迫る

『永遠のジャンゴ』エチエンヌ・コマール監督インタビュー クランクイン!
『永遠のジャンゴ』エチエンヌ・コマール監督インタビュー クランクイン!
 ジャズを武器にナチス・ドイツに立ち向かったロマ民族出身の伝説的ギタリスト、ジャンゴ・ラインハルト。知られざる彼の劇的半生を描く映画『永遠のジャンゴ』の公開に先立ち、来日したエチエンヌ・コマール監督がインタビューに応じた。ジャンゴの伝記小説『Folles de Django(原題)』の著者アレクシ・サラトコを共同脚本に招き、さらにジャンゴの孫デイヴィッドの協力を得て、緻密なリサーチも敢行したというコマール監督、本作で描きたかったものとは一体何だったのか? 本作は、『大統領の料理人』『チャップリンからの贈りもの』などの脚本を手掛けた名手コマールの長編映画監督デビュー作。1943年、ナチス・ドイツ占領下のフランス・パリ。ギターをソロ楽器として先駆け、ロマの音楽スタイルとスウィング・ジャズを融合させた“ジプシー・スウィング”を作りあげたジャンゴ(レダ・カテブ)は、ミュージックホールを連夜満員にするなど、音楽界の頂点を極めていた。だが、ナチスによるロマへの迫害が激しくなり、多くの同胞を虐殺され、絶望に打ちのめされたジャンゴは、逃亡を余儀なくされる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >