2017/12/02 13:30

健太郎、映画初主演作『デメキン』に全霊を注ぐ 「役を生きたい」気持ち強く

健太郎、『デメキン』インタビュー クランクイン!
健太郎、『デメキン』インタビュー クランクイン!
 「台本をいただいて開いたときに、一番最初に健太郎と載っていて。うれしくて写メを撮っちゃいました」と興奮気味に明かす健太郎。俳優デビューから3年での映画初主演作となった、バッドボーイズの佐田正樹原作の小説、コミックを映画化した『デメキン』で、髪を赤く染め、暴走族の総長になる主人公・正樹を熱演した。 もともとモデルとして活動していた健太郎は、俳優になるとは思っていなかったという。しかし初仕事となったドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』でいきなり注目を浴びることに。「自分がドラマに出ているという実感があまりなくて。今では自分の出ている作品を客観的に観るのは難しいですが、当時はまだできていました」。

 翌年には、『俺物語!!』でスクリーンデビュー。気持ちも変化していった。「映画館の大きなスクリーンで自分を観たときには『おお!』っとなりました。もともと映画好きなのですが、今まで観ていたスクリーンの中に自分がいて動いている。仲間入りできた気がして感動しました」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

日頃のストレスが出やすい日。今日はマッサージなどで身体を休...もっと見る >