2017/12/16 07:20

クロエ・モレッツ、休業説はねのけ新境地 会社設立でプロデュース業にも意欲

クロエ・モレッツ、『彼女が目覚めるその日まで』インタビュー
クロエ・モレッツ、『彼女が目覚めるその日まで』インタビュー
 ある日突然、正気と狂気の間をさまよう原因不明の病に侵されたら…。実在の女性記者スザンナ・キャハランの闘病記『脳に棲む魔物』を、クロエ・モレッツ主演で映画化した『彼女が目覚めるその日まで』。病によって精神のコントロール能力を失ってしまう難役に挑んだクロエが、休業報道をはねのける女優への飽くなき情熱と、プロデュース業にも乗り出した近況などについて赤裸々に語った。 シャーリーズ・セロンが製作を務める本作は、順風満帆だったニューヨーク・ポスト紙の記者スザンナ(クロエ)が、謎の病によって“絶頂”と“絶望”を激しく行き来する精神錯乱状態に苦悶する姿、そしてそれを全力で支える家族の愛を描く衝撃の実話ドラマ。2007年、“抗NMDA受容体脳炎”という病名が与えられるまで、悪魔憑きや精神の病と判定され、オカルト映画『エクソシスト』のモデルとなった少年も、この難病の典型的な症例だったと指摘されている。また、日本でも年間約1,000人が発症しており、映画『8年越しの花嫁 奇跡の実話』でも同病が描かれている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >