2017/12/20 15:30

1980年代のバディアクション映画『48時間』、リブート企画が浮上

『48時間』が『グッド・タイム』監督でリブート(※『48時間PART2 帰って来たふたり』場面写真)(C) AFLO
『48時間』が『グッド・タイム』監督でリブート(※『48時間PART2 帰って来たふたり』場面写真)(C) AFLO
 『ゴーストバスターズ』や『ペット・セメタリー』『ポルターガイスト』など、様々なジャンルで1980年代の映画がリブート・リメイクされているが、コメディ俳優エディ・マーフィとニック・ノルティがタッグを組んだバディ映画『48時間』のリブート企画が進んでいるとThe Hollywood Reporterが伝えた。 1982年に1作目、1990年に続編が公開された『48時間』シリーズは、ウォルター・ヒル監督がメガホン。サンフランシスコ市警の刑事ジャック・ケイツ(ニック)が、仮釈放「48時間」という条件で服役囚レジー(エディ)と共に、凶悪事件の解決に挑む。エディの長編映画デビュー作で出世作となった。

 リブート版でメガホンを取るのは、ロバート・パティンソン主演のクライムサスペンス『グッド・タイム』の監督ジョシュ&ベニー・サフディ兄弟。ジョシュの方は『グッド・タイム』のロナルド・ブロンスタイン、映画『ネイバーズ』シリーズの俳優ジェロッド・カーマイケルと共に脚本も手がけるとのことだ。

 キャスティングがどこまで進んでいるかは不明。最近ではオリジナル版で男性だった主人公が女性になったり、人種を入れ替えてリブート・リメイク版を制作するといったパターンも多いが、『48時間』ではどのようなアレンジになるのか続報に注目したい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >