2017/12/22 18:30

<週末のおすすめビデオ>『ダンケルク』にみるクリストファー・ノーラン監督のこだわり

『ダンケルク』にみるクリストファー・ノーラン監督のこだわり(C)AFLO
『ダンケルク』にみるクリストファー・ノーラン監督のこだわり(C)AFLO
 新作が発表されるたびに「次はどんな世界観なのだろう」と期待させる映画作家の一人であるクリストファー・ノーラン監督。過去にも数々の“問題作”を世に送り出しているが、最新作『ダンケルク』でも圧倒的な映像と、これまで想像し得ない形で戦争の醜さを描いている。 ノーラン監督と言えば、商業映画デビュー作『フォロウィング』で、バラバラに展開する時間軸を、最後収束させる計算しつくした脚本やストーリー展開に唸らされ、次作『メメント』では、さらに斬新な時系列展開で緊張感あふれるサスペンスを作り出し、世界的に大きな注目を集めた。

 その後も、『バットマン』シリーズや『インセプション』、『インターステラー』など、常に斬新なアイデアと映像でファンを魅了してきた。そして『ダンケルク』では、自身初めて史実に基づく戦争というテーマを手掛けたことでも話題になったが、その表現方法がとても斬新だった。なんと、戦争映画にも関わらず、敵が登場しないのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >