2017/12/25 14:28

タランティーノ版『スター・トレック』、『レヴェナント』脚本家を起用

『スター・トレック』最新作の脚本家が決定!(※『スター・トレック BEYOND』場面写真)(C)AFLO
『スター・トレック』最新作の脚本家が決定!(※『スター・トレック BEYOND』場面写真)(C)AFLO
 映画『ジャンゴ 繋がれざる者』や『イングロリアス・バスターズ』などの監督クエンティン・タランティーノが参加中の人気SFシリーズ『スター・トレック』最新作。俳優レオナルド・ディカプリオに初オスカーをもたらした、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の映画『レヴェナント:蘇えりし者』で共同脚本を務めたマーク・L・スミスが、脚本を執筆するという。Deadlineが伝えた。 タランティーノ監督が去る11月、『スター・トレック』新シリーズの立役者J・J・エイブラムスに新しいストーリーを提案したことで、新作の企画が急速に動き出した『スター・トレック』シリーズ。正式発表されていないが、タランティーノ監督がメガホンを取ると見られている。エイブラムスと共に製作に名を連ねるのは確かだという。

 2009年に始まった新シリーズでは、2013年の2作目『スター・トレック イントゥ・ダークネス』まで、エイブラムス監督がメガホンを取った。2016年の3作目『スター・トレック BEYOND』は、映画『ワイルド・スピード』シリーズのジャスティン・リンが監督を務めている。

 あらすじなどの詳細は不明だが、タランティーノ自身が売り込んだ新作のアイデアは脚本にして165ページ以上あり、たくさんのセリフに溢れていたという。米パラマウント・ピクチャーズが企画を進めるため、今月初めに脚本家を召集。ライターズルームでタランティーノと共に撮影用の脚本の草稿に向けてブレインストーミングしていた脚本家の中に、スミスもいたという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >