2018/01/13 06:50

玉木宏、顔に針50本打つ役づくり デビュー20周年を迎えてよりストイックに

玉木宏、『悪と仮面のルール』インタビュー クランクイン!
玉木宏、『悪と仮面のルール』インタビュー クランクイン!
 俳優・玉木宏が、主演映画『悪と仮面のルール』で、愛する女性を守るために殺しを重ねる主人公を熱演している。「誰かのために、あそこまでできるというのは、ある意味で幸せなことだと思う」と役柄への思いを明かす玉木に、驚きの役づくりや俳優としてのスタンス、そして今年4月に迎える芸能生活20周年について話を聞いた。 中村文則の同名小説を基にする本作は、世の中に悪をなす“邪”となるために生み出された久喜文宏(玉木)が、愛する香織(新木優子)を守るため、殺人者として生きる姿を描く。香織を守るために父すら殺める文宏について「香織がいなければ、父親を殺すこともなかったし、顔を変えることもなかった。すべては香織がいたからこそだと思う」と語る玉木。「誰かのために、あそこまでできるというのは、ある意味で幸せなことだと思うし、そこまで誰かを一途に想い続けること自体、なかなか難しい世の中になっていると思う」と考えを明かし、「文宏のように、一途であれたらいいですよね」とも話す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >