2018/02/28 19:30

殺人人形チャッキーの恐怖を描くホラー『チャイルド・プレイ』、ドラマ企画が浮上

『チャイルド・プレイ』のドラマ企画が進行中(映画『チャイルド・プレイ』より)(C)AFLO
『チャイルド・プレイ』のドラマ企画が進行中(映画『チャイルド・プレイ』より)(C)AFLO
 凶悪犯の魂が宿る人形チャッキーが人間の命を狙う1988年のホラー映画『チャイルド・プレイ』。原案&脚本を担当したドン・マンシーニと製作のデヴィッド・カーシュナーが、テレビドラマ企画を進めているという。 トム・ホランド監督がメガホンを取った1作目の『チャイルド・プレイ』は、シングルマザーと幼い息子アンディがチャッキー人形に襲われる恐怖を描き、世界的に大ヒットした。以後、続編『チャイルド・プレイ2』(90)からシリーズ最新作の『チャイルド・プレイ ~チャッキーの狂気病棟~』(劇場未公開・17)まで7作品が製作され、マンシーニは2004年の5作目『チャイルド・プレイ/チャッキーの種』から、同シリーズの監督も務めている。

 マンシーニはBloody Disgustingとのインタビューで、カーシュナーと共に『チャイルド・プレイ』ドラマ版の企画を進めていることを明かし、「意図的にシリーズ最新作のフィナーレから続く構成にしてある」「全体のトーンはダークで不穏だ」と語っているという。

 ドラマ版のタイトルにも『チャイルド・プレイ』を使う予定で、「かつてないほどダークな内容で攻めるつもりだ。非常に不気味なドラマになる」とドラマの方向性について語る。また、映画シリーズを通じてチャッキーの声を努めた俳優ブラッド・ドゥーリフが、ドラマ版でもチャッキーの声を担当するという。ドラマ版は現在、1話1時間の8話構成で進めているとのこと。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >