2018/03/13 09:00

G・クルーニー監督×コーエン兄弟脚本の最新作『サバービコン』公開

『サバービコン 仮面を被った街』メインビジュアル(C)2017 Paramount Pictures.All rights reserved.
『サバービコン 仮面を被った街』メインビジュアル(C)2017 Paramount Pictures.All rights reserved.
 ジョージ・クルーニー監督、ジョエル&イーサン・コーエン脚本の最新作『Suburbicon(原題)』が、『サバ―ビコン 仮面を被った街』の邦題で5月4日より全国公開されることが分かった。主演はマッド・デイモンが務める。 本作は1950年代アメリカの郊外住宅地で実際に起きた人種差別暴動をモチーフに組み入れたヒューマンドラマ。理想的な家族、理想的な街、そして理想的なアメリカのメッキがはがれていく過程が、コーエン兄弟ならではのひねりの利いたプロットでスリリングに描かれる。

 舞台はアメリカンドリームの街・サバービコン。明るい街に住み、幸せだったはずのロッジ家の生活は、自宅に侵入した強盗により一転。時を同じくして、この町に引っ越してきた黒人一家の存在が、笑顔あふれるニュータウンの住人たちのドス黒い一面をあぶり出していく。街の人々と家族の正体に唯一気がついたロッジ家の一人息子ニッキーを助けてくれるのは一体誰なのか。コーエン兄弟の脚本にサスペンスのスパイスを効かせたG・クルーニーの演出で、世界は見た目通りではないことを訴える。

 M・デイモンは平凡な一家の父親の顔の裏に驚きの秘密を隠したクセモノを演じる。出演は他に、2014年の『アリスのままで』でオスカーに輝いたジュリアン・ムーア、そしてコーエン兄弟の『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』で脚光を浴びたオスカー・アイザックら。

 『サバ―ビコン 仮面を被った街』は5月4日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

カルチャー運UP。教養が身につく講座に行くと充実感あり。人生...もっと見る >