2018/03/23 15:45

シャイア・ラブーフが自身の人生を映画化、本人役にルーカス・ヘッジズ

シャイア・ラブーフの自伝的映画で、シャイア役を演じるルーカス・ヘッジズ(C)AFLO
シャイア・ラブーフの自伝的映画で、シャイア役を演じるルーカス・ヘッジズ(C)AFLO
 映画『トランスフォーマー』シリーズの俳優シャイア・ラブーフが脚本を執筆した自伝的映画『Honey Boy(原題)』に、映画『マンチェスター・バイ・ザ・シー』の俳優ルーカス・ヘッジズが出演することが明らかになった。シャイアは自身の父親を反映させた役を演じるという。 The Hollywood Reporterによると、『Honey Boy(原題)』はシャイアがオティース・ロートというペンネームで、アルマ・ハレル(Alma Har’el)と脚本を共同執筆。ハレルは監督を務めるという。二人は2012年に短編映画でタッグを組んでいる。

 『Honey Boy(原題)』は実話ベースで、シャイアと父親の関係を浮き彫りにするとのこと。映画化されていない優秀な脚本のリストであるブラックリスト(Black List)に選ばれており、「子役と、法を破りアルコールに溺れるその父親が、10年の歳月の中で険悪な関係を修復していく姿を描く」という。原題の「Honey Boy(ハニーボーイ)」は、シャイアの父親が子役時代の彼につけたあだ名。シャイアの父親は、元道化師でヘロイン常習者だったそうだ。

 ディズニーチャンネルで2000年から2003年に放送された海外ドラマ『おとぼけスティーブンス一家』でブレイクしたシャイア。単純計算するとシャイアは当時14歳から17歳だが、ルーカスはその時代のシャイアをモデルにした主人公を演じるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自信を無くしがちだけど、思っているほど状況は悪くないはず。...もっと見る >