2018/04/03 06:00

大泉洋を“あてがき”した小説『騙し絵の牙』、本人主演で映画化

『騙し絵の牙』著者・塩田武士と主演・大泉洋
『騙し絵の牙』著者・塩田武士と主演・大泉洋
 俳優・大泉洋を主人公にイメージして執筆された小説『騙し絵の牙』が、実際に大泉の主演で実写映画化されることが発表された。大泉は「今はただただこの主役の話が、ちゃんと自分にきたことに安堵しております(笑)」と胸をなで下ろしている。 『騙し絵の牙』は、発案当初から映像化も視野に入れ、『罪の声』などの小説家・塩野武士と、出版社、芸能事務所、そして大泉洋本人で物語の筋を決めていった異色の文芸作品。塩田は大泉を徹底的に分析して主人公を“あてがき”し、大泉は全7回の連載の扉絵として誌面に登場。「頭の中で大泉洋が勝手に動き出す」という全く新しい読書体験が話題となり、「2018年本屋大賞」にもノミネートされた社会派長編だ。

 物語は、大手出版社で雑誌編集長を務める速水輝也(大泉)が主人公。ウィットに飛んだ語り口で人を魅了する“人たらし”な彼は、上司から匂わされた廃刊を阻止するため、組織に翻弄されながらも出版会の光と闇の中で闘い始める。だが同時に、彼の異常なほどの“執念”も浮かび上がってきて…。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >