2018/04/25 10:00

全身マヒの英国人と家族の感動の実話『ブレス しあわせの呼吸』公開

映画『ブレス しあわせの呼吸』メイン写真(C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
映画『ブレス しあわせの呼吸』メイン写真(C)2017 Breathe Films Limited, British Broadcasting Corporation and The British Film Institute. All Rights Reserved
 『ブリジット・ジョーンズの日記』や『エリザベス』の製作者が、自身の両親の奇跡のような実話を映画化した『Breathe(原題)』が、邦題『ブレス しあわせの呼吸』として、9月7日より全国公開となることが決定した。 第71回ロンドン映画祭でオープニングを飾った本作は、1950年代にアフリカでポリオに感染した父親のロビン・カヴェンディッシュと、その妻ダイアナの激動の半生を、息子であるジョナサン・カヴェンディッシュが自ら映画化した感動作。ロビンは首から下が全身マヒになり、人工呼吸器なしでは自力で息をすることができず、余命数ヵ月を宣告される。だが、思い出の中の両親は、笑顔とユーモアを絶やさず、外の世界へと飛び出していった。

 なぜ、彼は「世界一幸せ」だと胸を張れたのか? ポジティブかつエネルギッシュに人生を謳歌したロビンと、彼に無償の愛を注ぎ込んだ妻のダイアナ、支え続けた兄弟や友人たちとの絆が、『レ・ミゼラブル』の脚本家ウィリアム・ニコルソンの手腕により感動的に描かれる。笑いや感動で、人々を幸せにする映画製作者として活躍するジョナサン・カヴェンディッシュの原点になったと言える、真実の物語だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

コミュニケーション運好調。オモシロそうな人を見つけたら、明...もっと見る >