2018/04/30 06:20

女子フィギュアの問題児が起こした“史上最大のスキャンダル”とその人生

 犯人として逮捕されたのは、シェーン・スタントという名の男性。まもなく、彼を雇ったのがケリガンのライバルであるハーディング(当時23歳)の元夫ジェフ・ギルーリーと、ギルーリーの友達でハーディングのボディガードを自称するショーン・エッカードだったことが判明する。

 ハーディングは関与を否定したが、メディアはすぐさまこのスキャンダルに飛びついた。ハーディングとケリガンは、仲良しとは呼べなかったものの、狭い世界で、同年代の、長年にわたる知り合いだ。そんな相手を、自分がアメリカ代表としての枠を得るために、こともあろうに“元”夫を使って襲撃させたとは、フィギュアという美しい世界といかにも不釣り合いな安っぽい話ではないか。ハーディングは育ちが悪い人、ケリガンはお姫様というイメージがあったことも(実際には、ケリガンの家も裕福とはほど遠かったのだが)、このドラマに輪をかけた。当時、アメリカのテレビのコメディアンは、大喜びでハーディングをジョークのネタに使ったものである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >