2018/05/04 08:00

シャーリーズ・セロン、役作りで23キロ増量「気分がすごく滅入った」

役作りで23キロ増量したシャーリーズ・セロン(C)AFLO
役作りで23キロ増量したシャーリーズ・セロン(C)AFLO
 実話に基づく犯罪映画『モンスター』で、2004年のアカデミー賞主演女優賞に輝いたシャーリーズ・セロン。同作では実在した女性連続殺人犯を演じるために30ポンド(約13キロ)増量したシャーリーズだが、5月4日に全米公開される新作『Tully(原題)』では、50ポンド(約23キロ)増量し、体重を元に戻すのに苦労したという。 2011年の主演映画『ヤング≒アダルト』のジェイソン・ライトマン監督との再タッグとなる『Tully(原題)』。生まれたばかりの赤ちゃんを含めて3人の子供の母親(シャーリーズ)が、夜に子供の面倒を見てくれるナニー(マッケンジー・デイヴィス)と絆で結ばれ、自分を取り戻すさまを描くという。

 Entertainment Tonightとのインタビューで、役作りのために「50ポンド(約23キロ)ほど体重を増やしたわ」と語ったシャーリーズ。「演じる女性が感じたことを、身をもって感じたかったの。私にとっては(増量が)役になりきるための方法だった」と説明する。「自分でもすごく驚いたわ。気分がすごく滅入ってしまって。あんなに加工食品や、砂糖たっぷりの甘い飲み物を口にしたのは、人生で初めてだった」と語っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >