2018/05/09 04:00

『パンク侍~』、永瀬正敏が出演&主題歌はセックス・ピストルズ

大臼延珍(デウス ノブウズ)役を演じる永瀬正敏(C)エイベックス通信放送
大臼延珍(デウス ノブウズ)役を演じる永瀬正敏(C)エイベックス通信放送
 俳優の綾野剛が主演を務める映画『パンク侍、斬られて候』に、永瀬正敏の出演が決定し、物語の鍵を握るキャラクター、猿将軍を演じることが明らかになった。また、本作の主題歌としてイギリスの伝説的バンド、セックス・ピストルズの代表曲『アナーキー・イン・ザ・U.K.』が使用されることも発表された。 本作は、町田康の同名小説を基に、宮藤官九郎の脚本、石井岳龍によるメガホンで映画化。江戸時代を舞台に、“超人的剣客”で“テキトーなプータロー侍”の掛十之進(綾野)の姿を描く。

 今回、出演が発表された永瀬は、国内外問わず100本近い出演作を持つ、日本を代表する名優の一人。近年では河瀬直美監督の『あん』『光』、ジム・ジャームッシュ監督の『パターソン』とカンヌ国際映画祭で出演作が3年連続ノミネートされるなど実力は折り紙つき。そんな永瀬が本作では特殊メイクを施し、“将軍の格好をした猿”大臼延珍(デウス ノブウズ)を演じる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >