2018/05/09 19:37

横浜流星、可愛い役柄は「すごく恥ずかしい」

映画『兄友』完成披露上映会 舞台挨拶にて クランクイン!
映画『兄友』完成披露上映会 舞台挨拶にて クランクイン!
 横浜流星、松風理咲、松岡広大、古川毅(SUPER★DRAGON)、小野花梨、中島良監督が、9日に都内で開催された映画『兄友』の完成披露上映会・舞台挨拶に出席した。横浜はウブで可愛い役柄を務めることについて「すごく恥ずかしい気持ちでいる」と本音を明かした。 雑誌「花とゆめ」にて連載中の赤瓦もどむ原作の少女漫画を基にする本作は、イケメンなのに女性に超奥手な西野壮太(横浜)と、友人・七瀬雪紘の妹・まい(松風)が織りなす恋模様を描く。主演の横浜はウブな役柄について「前の映画でも可愛い役をやっていたんですけど、自分の中で可愛いっていうイメージがないので、すごく恥ずかしい気持ちでいるんですよね」と照れ笑い。まいの兄・雪紘役の古川が、演技面でアドバイスを受けたことに感謝を示すと、「(出演している)『シーブリーズ』(のCM)もかっこいいですしね。好きになりそう」とジョークを飛ばして古川を笑わせた。

 一方の松風は壮太について「良い人だし、優しい人だなっていうのは伝わってくる」とコメント。横浜から「流星君も?優しい?」と聞かれると、「はい! 優しいです!」と笑顔を見せるも、「(壮太は)もうちょっと男らしさがあったら素敵な人だなっていうのは思います」とも。「私自身、あんまり積極的に行けないので、引っ張ってくれる人がいい」と男性観を明かしていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

考えすぎて神経質になってしまいそう。周囲の影響にも敏感なの...もっと見る >