2018/05/14 16:00

リリー男泣き『万引き家族』カンヌ国際映画祭で9分間のスタオベ受ける

『万引き家族』カンヌ国際映画祭レッドカーペットの様子​(C)2018『万引き家族』 製作委員会
『万引き家族』カンヌ国際映画祭レッドカーペットの様子​(C)2018『万引き家族』 製作委員会
 是枝裕和監督、リリー・フランキー、安藤サクラ、松岡茉優、樹木希林、城桧吏、佐々木みゆが、映画『万引き家族』が第71回カンヌ国際映画祭「コンペティション」部門に正式出品されたことを受け、同映画祭に参加。公式上映後、約9分間にわたって観客からスタンディングオベーションを受けたリリーは、男泣きを見せた。 本作は、軽犯罪によって生計を立てる一家が送る日常を描くホームドラマ。上映を終えた是枝監督は「終わった後の拍手が、夜中にも関わらずあんな風に温かくそして長く頂けたので本当によかったと思います」と喜びのコメント。劇場では眼鏡を外して目を拭う姿も見られたリリーは「最後頂いた拍手とか、お付き合いでしているのではなく、みなさんの表情から本当に想いの入った拍手だと感じたので、すごい良い経験をさせていただきました」と振り返った。

 是枝監督は作品の内容について「“血を越えて繋がる家族というのがありうるのか”というのを自分なりに考えながらつくった映画です」と解説。「今日一日取材を受けていた13人くらいの記者の内、3人くらいは実は自分が養子でという方がいて、すごく切実なんですよ。血縁がなくても家族をつくることはできるのかということが」とも語り、「この映画はある種特殊な家族を描いてはいますけど、メッセージかはわかりませんが、根底に流れている問いかけみたいなものは普遍的なものがあるかもしれません」と話していた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家でゆっくり過ごしたい日。部屋の模様替えをしたり、手料理を...もっと見る >