2018/05/25 20:31

小松菜奈、中学生時代は「ちょっとSな数学の先生」に片想い

映画『恋は雨上がりのように』公開初日舞台挨拶に登壇した小松菜奈 クランクイン!
映画『恋は雨上がりのように』公開初日舞台挨拶に登壇した小松菜奈 クランクイン!
 俳優の大泉洋と小松菜奈が25日、都内にて行われた映画『恋は雨上がりのように』の公開初日舞台挨拶に出席した。小松は過去の片想いの相手を「ちょっとSな数学の先生」と明かした。 累計発行部数200万部を突破する同名人気漫画を基にする本作は、陸上部のエースだったがアキレス腱のケガによって夢を絶たれた17歳の女子高生・あきら(小松)が、冴えないファミレスの店長・近藤(大泉)への片想いを抱いたことをきっかけに巻き起こる人間模様を描く。

 大泉は「この映画の特に前半戦で、やたら臭い臭いと言われる」といい、「私はこの映画を撮った後くらいから、やたらと、体に良い香りのするものを塗るようになりました」と明かして会場を沸かせた。

 物語に絡めて、片想いの思い出を聞かれた小松は、中学生時代を回想。「数学の先生がすごく好きで。それは『ああ素敵だな』みたいな。恋愛というよりは、かっこいいというか…。ちょっとSなんですよね」と話し「Sの中にも優しさがあって。中学生の私にはすごく刺激的で。多分、私は刺激を求めていたんだなと(笑)」とも。「大丈夫ですか、この話!?」と大泉がいじると「でも、何もないですよ?」と小松はニッコリ。大泉は「分かってるよ!大変だよ何かあったら!」とツッコミを入れてキャストや監督を笑わせた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >