2018/05/31 09:00

“音を立てたら、即死” 新体感ホラー『クワイエット・プレイス』公開

映画『クワイエット・プレイス』メインビジュアル(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
映画『クワイエット・プレイス』メインビジュアル(C) 2018 Paramount Pictures. All rights reserved.
 『オール・ユー・ニード・イズ・キル』の実力派女優エミリー・ブラントが主演を務める映画『A QUIET PLACE(原題)』が邦題を『クワイエット・プレイス』として、9月28日に全国公開されることがわかった。 全米では公開初週から『ゲット・アウト』『ドント・ブリーズ』を超える大ヒットオープニング記録を打ち立て、社会現象ともいえる熱狂を生み出した本作。現地時間4月6日の公開以降、累計1億8000万ドル以上を稼ぎ出し、全世界で3億ドルを突破。大ヒットを記録している。

 舞台は、音に反応し人間を襲う“何か”の脅威によって人類が滅亡の危機に瀕した世界。呼吸の音も逃さない“何か”から生き延びるひと組の家族。彼らは手話を使い、静寂と共に暮らしていたが、なんと母親のお腹には出産間近の赤ちゃんが。彼らは果たして沈黙を守ることができるのか…。

 静寂に包まれた世界で3人の子どもを育てる母親エブリン役をエミリーが演じ、彼女を支える夫リーを、実生活でもエミリーの夫であるジョン・クラシンスキーが扮し、監督も務めている。ほかに、聴覚障害を持った娘には、自身も役柄と同じ障害を持つ『ワンダーストラック』の新星ミリセント・シモンズ、息子役に『サバービコン 仮面を被った街』の子役ノア・ジュープがキャスティングされている。

 SNSでは小説家のスティーブン・キングや俳優のクリス・プラット、ライアン・レイノルズらがこぞって絶賛。世界最大の映画批評サイト「Rotten Tomatoes」では、大ヒットホラー『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』を超える95%の高評価を維持している。

 映画『クワイエット・プレイス』は9月28日より全国公開。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を説得するパワーがある今日のあなた。遠慮せず自分を表現す...もっと見る >