2018/06/02 12:00

『シェイプ・オブ・ウォーター』クリーチャー造形&デザインは監督の自腹

映画『シェイプ・オブ・ウォーター』より(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
映画『シェイプ・オブ・ウォーター』より(C)2018 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.
 第90回アカデミー賞で作品賞など最多4冠に輝いた『シェイプ・オブ・ウォーター』のブルーレイ、DVDが本日発売。劇中でダグ・ジョーンズが演じたクリーチャー“不思議な生きもの”の誕生秘話が明かされる特別映像「水の神が生まれるまで」が公開された。 本作は、1962年のアメリカを舞台に、政府の極秘研究所で働く声を失った孤独な女性イライザ(サリー・ホーキンス)と、遠い海から連れて来られた不思議な生きものの交流を描いたファンタジー・ロマンス。アカデミー賞では13部門にノミネートされ、作品賞、監督賞、作曲賞、美術賞の4冠に輝いた。

 不思議な生きもの、と表現されるクリーチャーはアマゾンの奥地で神のように崇められ生息していたところを捕獲され、軍事施設に連れてこられる。やがて、イライザや彼女の隣人との触れ合いのなかで、不思議な力を持つことが明かされていく。

 今回、公開された特別映像では、デル・トロ監督自らクリーチャー誕生の裏側を解説。造形とデザインに自腹を切ったことが明かされているほか、「スタッフの作業前にいくつもデザインした」と語り、「1年はかけたかったんだ (イライザが)恋に落ちる魅力が必要だった」とこだわりを力説している。
 
 映像ではクリーチャーのモデルを粘土で作成する場面から、ダグが着用する全身スーツやマスクをペイントしていく様子など、ファン垂涎ものの制作現場を覗くことができる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >