2018/06/05 14:45

『クロウ/飛翔伝説』リブート版、主演俳優と監督がまたもや降板

主演俳優と監督降板で『クロウ/飛翔伝説』リブート版企画が再び暗礁に(※『クロウ/飛翔伝説』場面写真)(C)AFLO
主演俳優と監督降板で『クロウ/飛翔伝説』リブート版企画が再び暗礁に(※『クロウ/飛翔伝説』場面写真)(C)AFLO
 2011年頃から企画が持ち上がっては頓挫してきたブランドン・リーの遺作『クロウ/飛翔伝説』のリブート版。主演を務めることになっていた映画『ジャスティス・リーグ』の俳優ジェイソン・モモアと、監督のコリン・ハーディが正式に降板したとDeadlineが報じた。 米ソニー・ピクチャーズが世界配給権を獲得し、2019年10月11日(現地時間)の全米公開が発表されたが、Deadlineいわく、映画化権を所有するサミュエル・ハディダ率いるデイヴィス・フィルムズと、ソニー・ピクチャーズとの間にクリエイティブ面と資金面での相違があり、ソニー・ピクチャーズが世界配給から手を引こうとしていたとのこと。その動きを受けて、ジェイソンとハーディ監督が降板を決めたという。情報筋の話では、ソニー・ピクチャーズとデイヴィス・フィルムズは、正式な契約締結まで至っていなかったらしい。

 リブート版はこれまでに、映画『美女と野獣』の俳優ルーク・エヴァンスや、映画『ベン・ハー』の俳優ジャック・ヒューストンが主役に決まっては降板するに至っている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >