2018/06/08 12:30

福田萌、「今、出会えて良かった」 『ワンダー 君は太陽』に共感し、涙

『ワンダー 君は太陽』は、「母親になってから観た映画で1番の作品」と語った福田萌 クランクイン!
『ワンダー 君は太陽』は、「母親になってから観た映画で1番の作品」と語った福田萌 クランクイン!
 世界各国で800万部を突破した小説「ワンダー」を、実写版『美女と野獣』の製作スタッフが映画化し、全世界興収320億円を超える大ヒットを記録する『ワンダー 君は太陽』。優しい涙が止まらないと評判の本作を、2児の母でもあるタレントの福田萌が一足早く鑑賞し「今、この作品に出会えて良かった」と明かす、作品の魅力について話を聞いた。 物語の主人公は、遺伝子疾患により、生まれつき障がいを抱え人とは異なる顔で生まれてきた少年オギー。これまで27回もの手術を受け、自宅学習を続けていたオギーも10歳に。母イザベルはオギーを学校へ送りだす決意をし、5年生の初日から登校するも、オギーはいじめや裏切りなど、様々な困難と出会う。何度もくじけそうになりながら、家族の愛情やクラスメイトとの友情を勇気に変え、果敢に立ち向かう。

 たくさんの感動が待ち受ける本作について、福田は「観終わった後、気持ちがとても温かくなりました。そして、今、このタイミングで、この作品に出会えて、本当に良かったです」と微笑む。理由を聞くと、福田は真っ直ぐな眼差しで語り始めた。「障がいのある方に限らず、同性愛やLGBT、外国から来た人など、社会はどんどん多様化してきています。そのような現状について子どもから聞かれた際、自分の答えをきちんと持っておきたいと思っていたところだったんです」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ロマンチックな気分の日。恋愛映画をみたり、音楽に浸って過ご...もっと見る >