2018/06/16 14:00

ジョージ・ルーカスが『ハン・ソロ』監督に伝えた“極意”が明らかに

(左から)オールデン・エアエンライク、ジョージ・ルーカス監督、ロン・ハワード監督(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
(左から)オールデン・エアエンライク、ジョージ・ルーカス監督、ロン・ハワード監督(C)2018 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.
 『スター・ウォーズ』シリーズの人気キャラクター、“ハン・ソロ”の“知られざる若き日”を描くシリーズ最新作『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』が6月29日より公開となる。この度、同シリーズの生みの親であるジョージ・ルーカスが、『ハン・ソロ』でメガホンをとったロン・ハワード監督に伝授したという“たったひとつの極意”が明らかとなった。 両者は40年以上前から厚い信頼関係で結ばれており、ルーカスが『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』の監督を打診した過去もある。

 ハワード監督は「ジョージは、『スター・ウォーズ』において何か迷いが生じたときは、いつでも12歳だった頃の自分に尋ねてみることが大事だと言っていたんだ。『スター・ウォーズ』シリーズは大人だけでなく、12歳の子どもたちがワクワクできる作品。他の世代の人ももちろん楽しんでいるけれど、一番大切にしないといけないのは12歳の子どもたちなんだ、とアドバイスをくれたよ」と、ルーカスが自身に伝えた“極意”を明かしている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >